「自分らしく生きるために起業したい。」現役女子大生がエンジニア/ IT留学を選んだ理由

LIST

こんにちは!NexSeed(Seed tech School)インターン生の長澤です。

今回は、NexSeed(Seed tech School)のエンジニア/ IT留学にお越しいただいた、沖縄県出身で関東の国立大学に通う現役女子大生、金城あいみさんにインタビューをしてきました。

一見”普通”の女子大生に見える彼女の将来の夢は「起業」

NexSeed(Seed tech School)でのセブ島留学で何を感じ、何を思い描いているのでしょうか。

自分らしく生きるために、まずは起業したい。

長澤

本日は宜しくお願いします!
金城さんは起業を考えられているということで、そのお話を中心に、NexSeed(Seed tech School)の留学に来た理由などを聞かせていただきたいなと思っています。

いきなりですごく失礼なんですけど、金城さんの第一印象から、起業を考えているのが意外だなって思ったんです!笑
起業したいと思うようになったきっかけは何ですか?

金城さん

ここ!っていうきっかけはなくて、小さい頃からずっと褒められたいと思ってたんですよね。
例えば、学校のテストでいい点とって、席次に載って褒められるとか。だから勉強を頑張って、優等生でいつづけました。

でも、中高では優等生でいるのがすごく辛くなってしまって。
褒められても、それはいい成績を取るためだけに頑張った自分で「本当の自分ではない」と思ってしまって、そんな褒められ方に満足できなかったんです。

長澤

なるほど…。

金城さん

褒められたい、そのためにすごい人なりたいという気持ちは持ちつつ、ぼんやりと大学に入ったはいいけど、授業もアルバイトも何だか自分に合わないなぁと思っていて。そんなタイミングで将来について真剣に考えてみたんです。
「このままみんなと同じように就職してちゃ、人並みじゃん」って思うようになりました。

そんな危機感から、他の人とは違う、自分の理想の生き方をしたいと思うようになりました。
そのタイミングでホリエモンの本を読んで、生きたいように生きているのに「すごい」って言われている人がいることを知って、本当に羨ましかったんです。
だから私も自分らしく生きるために、まずは起業しようって。

◯◯な人に会いたくて、海外でプログラミングを学ぶのがいいなと思うようになった。

金城のさんの授業の様子

長澤

金城さんは、なぜNexSeed(Seed tech School)でプログラミングを勉強しようと思ったのですか?

金城さん

理想の自分になるための手段が起業っていうのは明確だったけど、起業するために何が必要かがわからなかったんです。
そんな時、ある本で「エンジニアが希少である」という事実を知って、「プログラミングを学ぶのっていいかも」と思って。それだけです。(笑)
やってみて、面白くなかったら別の手段考えようって思って、学習をはじめました。

長澤

そのなかでも、セブ島への留学を選んだ理由は何だったんでしょうか?

金城さん

英語も勉強できるのが最強だ、と思ったからです。

長澤

英語も起業のために学びたいと思ったのですか?

金城さん

はい、そうですね。英語は、話せたらかっこいいし、話せて損はないから勉強しました。
それから、日本国外でプログラミングを勉強しようって思う人って少数派かな、と思って。
普通の人よりは違う考えをしていて、強いモチベーションを持っている。そういう人に会いたくて、海外でプログラミングを学ぶのがいいなと思うようになりました。

長澤

英語、プログラミングは将来性のある、重要なスキルですよね。
僕もNexSeed(Seed tech School)で日本ではなかなか会えない素敵な人にたくさん会ってきました。まさに、金城さんの予想通りですね。

「やりたいと思ったときにやるべき」

金城さんの休日。カフェでとバッチメイトと勉強

長澤

留学中は、どんな生活を送っていましたか?

金城さん

平日は、学校⇨カフェで勉強したり、活躍されている社会人の方に会いに行く
休日は、バッチメイトと遊んだり、カフェで勉強したり、活躍されている社会人の方に会いに行く
といった感じで過ごしていました。
特に自分で意識的にやったのは、「日本を飛び出して海外で活躍する人に会いに行く」ですね。

長澤

具体的にどんなところに行かれたのですか?

金城さん

現地で起業されている方が出席されるトークイベントに行ったり、知り合いのフリーランスの方が開催していたパーティーに行きました。

長澤

なぜ、現地で活躍されている多くの方に会おうと思ったのですか?

金城さん

日本を飛び出して海外で活躍する人には、固定概念にとらわれない、行動力のある人が多いと思ったからです。
それって、少数派じゃないですか。実は私も周りと合わない少数派の人間かもという自覚があって(笑)、少数派と思われる方に会ってみたかったんです。そして、そんな方々の価値観にどんどん触れたいと思いました。日本を飛び出して海外で活躍する人には、固定概念にとらわれない、行動力のある人が多いと思ったからです。
それって、少数派じゃないですか。実は私も周りと合わない少数派の人間かもという自覚があって(笑)、少数派と思われる方に会ってみたかったんです。そして、そんな方々の価値観にどんどん触れたいと思いました。

それによって、私自身が自覚していた他の人と違う考えに対して、「自信をもっていいんだ!」って思えるようにもなるし、「こんな考えもあるんだ!」って、いろんな価値観や生き方を発見することができると思ったんです。

長澤

実際にそういう方とお会いして、どういった学びがありましたか?

金城さん

周囲の欲しがる「安定」なんか求めないで、生きたいように生きた方が楽しいんだって思えるようになりました。
それから、セブで成功している人は決断が早いなって感じました。

長澤

そういった方々のお話の中で、特に心に残っている言葉はありますか?

金城さん

いっぱいあるのですが、『やりたいと思ったときにやるべき』でしょうか。
シンプルで簡単そうだけど、実行に移すのが1番難しいと思います。

長澤

簡単そうに感じるけど意外と難しい、意識したほうがいいことかもしれませんね。

自由でありつつも、仲間と一丸となってプログラミングを学べる

バッチメイトとの会食の様子

長澤

最後に、NexSeed(Seed tech School)に来て金城さんが学んだこと、成長したと感じたことを教えていただけますか?

金城さん

最初は英語を話すことに自信がなかったし、フィリピン人の先生が話す英語はほとんど聞き取れなかったのですが、聞き返さずに会話できるほどに上達しました。
また、プログラミングは完全初心者の状態でしたが、留学期間中にFacebookのような簡易的なSNSサービスの作成を行えるまでに成長しました。
マインド面の変化としては、人前で緊張せずに堂々と振る舞えるようになりましたね。

NexSeed(Seed tech School)のいいところは、自由でありつつも、仲間と一丸となってプログラミングを学べるところです。
仲間と一緒に頑張る楽しさを久しぶりに感じられました。
プログラミングの授業も初心者向けのレベルで、本当に良かった。

それから、NexSeed(Seed tech School)スタッフ、社員の方からも多くの刺激を受けました。そこも良いポイントですね。

長澤

年齢、バックグラウンドなど関係なく、仲間として、一丸となって勉強に取り組めるところがNexSeed(Seed tech School)のいいところだという声は、多くの生徒さんからいただいています。
本日はありがとうございました!

まとめ

自分らしく生きる、その手段が起業であり、起業のために必要なスキルを身につけるために”留学”という選択肢をとった金城さん。

必要なスキルを身につけるとともに、留学を通して人とは違う自分への自信を深めて行った金城さんは、インタビュー中も活き活きしていました。

NexSeed(Seed tech School)は、NexSeed(Seed tech School)に留学に来てくれた方が小さくも人生を変えてほしいという想いを込めて、「Life Shift Platform」というスローガンを掲げています。

本当はこんな風に生きてみたい、本当はこういうことをやってみたいという想いはあるけれど、なかなかその一歩が踏み出せないという方も少なくないのではないでしょうか。

留学は、そんなあなたの人生を変える第一歩になるかもしれません。

NexSeed(Seed tech School)では、プログラミングと英語を学べる「エンジニア留学」を提供しています。 プログラミングと英語、エンジニア/ IT留学に興味がある方は以下からチェック!

  1. TOP
  2. 【社会人留学してみた】エンジニア/IT留学への挑戦
資料請求面談の予約